mix+ 2020 in わかやま

feat Hoop Junkies


今年も和歌山に多くの方が訪れてくれたことを

心よりお礼申し上げます

今回はいつも音響をしてくれていた

アヤネちゃんが実行委員長

アヤネちゃんはいつも

「よっさんのやるしかない」

「よっさんのやってみた」

YouTubeの編集娘です

image


でも大会では真面目な顔(笑)

緊張しただろうな。

新鮮・・・そして笑顔

☆ブログ内容☆

①大会準備

②開会式前後

③5on5予選

④フリースロー

⑤2on2

⑥ノックアウト

⑦よさこい

⑧5on5準決勝・決勝

⑨閉会式前後



今回も沢山の景品をご提供いただきありがとうざいます

ご協賛に関しては次のブログにて

今回は写真スポットを作ってみました📷

スタッフがっせっせこと作成

中々、時間がかかるものですね(>_<)

出来上がって準備中に遊ぶスタッフ・・・

それに便乗する年長者1名・・・

今回幻となった全国デフバスケットボール大会

本来は、2月22日・23日が全国大会、2月24日がmix+でした。

全国大会が中止になったため記念Tシャツがmix+だけでのお披露目と・・

可愛い☆

欲しいなと思う人は連絡ください(>_<)

クジラやミカンをイメージしたロゴ☆

そして2020年バージョンTシャツ

おじさん2人・・・・・

可愛い女子の絵が欲しかったな・・・・・

タッシーとZOZOさん・・・・・

こういう爽やかな絵が・・・

NYCさんは大阪から

空豆(SENZU)さん奈良から初参加ありがとうござました☆

誠familyの選手紹介ブース

そんなこんなで始まった2020年mix+

最高の晴天でポカポカの大会日和でいざ、スタート

今回も事前申し込みだけで埋まってしまい

公募はかけられませんでした・・・・・

キャンセル待ちのチームすみません・・・

今回も元気な20チーム

①mix+

②誠family

③石川デフブルースパークス

④First-End

⑤トライアンズ・エラ

⑥下京オトナカイ

⑦下京jrバスケットボールクラブ

⑧パリピィー

⑨島屋ファルコンズ

⑩石原軍団

⑪SENZU

⑫チーム・マリア

⑬川﨑会

⑭美男と野獣

⑮B・Bプレザント

⑯やるしかない

⑰カフェ・アンレーヴ

⑱SOMENARYZPOLE.KYOTO

⑲ラコステ

⑳NYC

そして今回は

feat Hoop Junkies

京都の福知山から来たこの集団は

13年の時を経て再び福知山で

イベントを開こうと企んでいる

代表の山内さん率いる一味

上田と出会った16年前からのエピソード・夢を語るおやじ達

DJブースでコラボ

DJ・shiromaru

DJ・ryouji

ZOZO・yamauchi

みんなDJブース前で踊ったり、芸したり

いつもと違う様子に(笑)

新しい笑顔が生まれました。

②開会

進行・MCをこなすアヤネと上田で

チーム紹介をしていると・・・・・

どうしても爪痕を残したいと仕込んでくる

嬉しがりな41歳、この後すぐに42歳に(>_<)

ZOZOスーツになるもすぐに

キロク審判委員長に

さらっと退場を命じられる

そしてシュールに聖火ランナーの如く

手を振って去る

福知山のZOZO山内さん

他のチームも懐かしい顔ぶれから

同窓会の如く、居馴染みの顔まで

ほっこり・・・

チーム紹介では和歌山トライアンズの

認知度を上げるためにお話をしてくれていたり

もじもじする人まで・・・・・

みんな中々、人前でマイクをもって話すことが

ないので恥ずかしいですよね(>_<)

でも

カフェアンレーヴのオーナーの堂々とした

マイク捌きw

可愛い差し入れありがとうございました

こんなん可愛くて食べられません・・・

またお店行きますね☆

なんたってYouTubeロケ賞とりましたからね(笑)

スタッフの紹介や手話紹介

☆小西写真館さんいつも撮影ありがとうございます☆

☆岩田さん・・・・・ファン多いですよ(>_<)

キロク審判委員長からのルール説明

いつでも随時変更していく謎のルール形式

と言いますか思考錯誤しているんです。

どうやったらみんなが楽しめるのか。

また今回の内容を見て来年は変化してみます

昨年の実行委員長・井上選手による

手話紹介

そろそろ早川さんの出番欲しいね(笑)

③5on5予選

子どものプレーを温かく見守ってくれる試合から

大人のハードな試合まで様々

楽しむ = ふざける

真剣  = 勝つ・ハード

ではないと思っています。

この辺りの深い話は流行のYouTubeで

何かの機会に話したいと思います

楽しむって何なのでしょうか。

永遠のテーマ

一つの答えが「笑顔」

笑顔で帰ってもらうことが目的の一つ

その笑顔にも沢山の種類がある

・つくり笑顔

これも笑顔

だが心の底から込上げる笑顔って??

これどんなシュチエーション!?(笑)

仲間も敵もアンクルブレイク(>_<)

それとも関西だから吉本興業のように

ツッコミでこけた

安定の審判・薮さん

優しい笑顔からの厳ついリバウンド

ほんとカッコイイパパ

そして上田のまぐれロング3P

ブザービーター

少しうざいですね(笑)

相当嬉しかったようです(>_<)

でもその後すぐに・・・

ボールを失う・・・

ヒーローになれない宿命(>_<)

このシュートが人生初の試合でのシュートかも!?

そんなシュートが打てた試合だったらどれだけ嬉しいだろう

みんな可愛い過ぎて

テクニカルファール

一緒にやりたかったね(^_-)-☆

次はやろう

昨年は勝つことのみに徹していた

マサヤ君の優しい顔

新しいバスケの楽しみ方をしてくれたのかな☆

3年前には人見知りで話もしなかった

少年が違う少年にバスケを教えていたり

子どもの成長を感じる瞬間を見れるのは

じんわり来る

気づいたら少年が審判まで

これがまた上手い

お世辞抜きで。

子どもが吹いているから分からないだろうと思って

見えないようにファールしたらバレた・・・

と言いますか

全部納得。

正直、私たち公認審判員が講習を受けたり

しているような知識はないはず。

センス。

よく分からない持論やプライド

固定概念なしに、ファールかファールでないのか。

凄くシンプルで分かりやすいジャッジに

感動させられたことは事実。

ファール吹かれた瞬間に

「上手いな!!」って言ってしまいました(笑)

それよりも

強制でないのにレフリーカッター持ってきてくれている

このチームに脱帽

こういった試合のレフリーの

さじ加減は難しいですからね。

空気を読む、臨機応変

ナイスでした

お昼休憩は「熊猫酒場」さん

ご協力のパワー弁当

毎年、特別にありがとうございます☆

④フリースロー

入りそうで入らない

バスケ選手の登竜門

もちろん1本目で外して

さようならしました(笑)

その前に今大会も特別協賛

メルセデスベンツ和歌山さんより

代表で参加した下窪くん

フリースロー前にご挨拶いただきました

なんと爽やかな・・・・・

車購入の相談は

いつでも下ちゃんへ

シュートもばっちり

優勝

「男性の部」

この大会で大活躍

マサヤ

「子どもの部」

カリナさん

「女性の部」

サヤカさん

ナイスシュート

⑤2on2

ここは手抜きなしのガチンコ

でもスタミナが・・・

仙台から和歌山へ

栃木県から和歌山へ

越前 VS 長田 

気が付けばスタッフでない人も

みんなスタッフの一員として活動してくれる

温かい心の持ち主がたくさん

決勝戦は2年連続で

マサヤ・フクちゃん・ペア

2年連続優勝

上田・長田ペア(^_-)-☆

決勝までエネルギー残っておらず

ディフェンスは立っているだけ・・・

長田ありがとう

⑥ノックアウト

毎日興業株式会社

presents

☆ルール☆

昨年は連続シュートでしたが

今年は一列に並んで前の人より

早くシュートを入れることができれば良いという

シュートゲーム

優勝

じゅんいちくん

越前選手が「僕は日本代表なので」

そっと優勝を中学生へ・・・

大人になったね・・・

⑦よさこい華酔組

すっかりおなじみの顔になった

よさこい

色んな団体の演舞も見たいとの声もあったので

企画しますね

鮮やかな演舞☆

リズム感のない私からすると

尊敬。

あっ音感もないか・・・

3年連続ありがとうございました

⑧5on5準決勝・決勝

下京jrミニバスケットボールクラブ

VS

美男と野獣

mix+

VS

川﨑会

あら

「誠family」があんまりでてきてない

爽やかイケメンたちと(>_<)

こうへい・しもちゃん☆

試合よりコート外で楽しんでいました

それも大切なこと☆

さて試合へ

大人に立ち向かう子ども

こうなると大人は怪獣扱い(笑)

そして些細なワンプレーで盛り上がる

これぞ今晩の酒のおつまみネタ(^^)/

真摯な大人たちに

子どもたちは憧れを抱く

いい経験になりましたか??

合間の遊びから新たな経験が生まれる。



TEAM・mix+

2020年も準決勝敗退

万年3位

でもチームとして楽しめたから良し

⑨5on5決勝戦

川﨑会 VS 美男と野獣

いざ選手紹介



初心者も入っているのにレベルが高い・・・・・

来年はカテゴリー分けよう(>_<)

そして試合数を増やそう・・・・・

何かと要検討・・・・




試合は同点で

サドンデスゲームへ

川﨑会は「ジュン」

美男と野獣は「ミッチー」

イケメン対決

優勝

「美男と野獣」

なんちゅう名前なんやってね

おめでとうございます

⑩閉会式

あっという間に閉会式!
ここからは沢山のご協賛から頂いた

抽選タイム☆(^-^)

 

ディズニーチケット、宮崎地鶏や

バッシュやシークレット商品など300点以上!!

 

そして皆さんの頑張りをメディアがしっかりと

映してくれていました♪

 

TV和歌山・J:COM・和歌山新報さん

ありがとうございました。

※TV和歌山の放送・2月24日ニュース、和歌山新報後日

 J:COMデイリーニュース・3月3日~1週間、どローカル(アプリで視聴いただけます)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご協賛・協力企業40社

※記載をしない企業、取材・店舗掲載協力企業含む

 

特別協賛

メルセデスベンツ和歌山

(株式会社シュテルン和歌山)

 

 

J:COM (ジュピターテレコム株式会社)

HOS (東大阪スタジアム)

ひろゴンスポーツメディカルジム (株式会社TMコンサルティング)

正規輸入機械式時計専門店oomiya(株式会社オオミヤ)

株式会社ヤングリゾート

 

以下順不同

黒木食鳥(宮崎県都農町)

スポルディング・ジャパン株式会社

アンダーアーマー(株式会社ドーム)

毎日興業株式会社(埼玉県大宮市)

有限会社プウバア―商会

株式会社ZERO

株式会社First(大分県佐伯市)

株式会社スポーツタイガー

デフブルースパークス(石川県金沢市)

中尾法律事務所

堀之内行政書士社会保険労務士事務所

空閑税理士事務所

和歌山新報

小西写真館

熊猫酒場

spicecurry&cafe Bazz(株式会社アレフト)

カフェアンレーヴ

カフェ花舞

NPO法人リライブ

CAFE WAKAKUSA

REVO西大橋店

華酔組(よさこい)

洋食NISHI

 

 

シークレット・アイテムをGETしたのは 早川倫夫選手でした(^_-)-☆

MVPのミッチー
高校の頃から知っている先輩
40歳以上とか・・・
ポーズが昭和(>_<)

和歌山までありがとうございました☆


何人のありがとうと笑顔を生み出せたのであろうか。

久々にバスケットボールをして楽しかったね。

子どもの成長から、大人の威厳まで様々。

 

そこで知ってもらいたい

勝つこと以上の大切なこと

そして楽しみ方

 

試合に出ること・景品をもらうこと

 

そんなことは本当の楽しさの半分以下

バスケットボールという魔法の道具は

もっと別の使い方があります。

 

それに気づいた人は幸福感が高いでしょう。

 

楽しむ = ふざける

これは違います。

 

昨年、ガツガツ試合をしていたチームの選手が

今年は子どものプレーを見て

微笑んでいた

 

それを見ていた私が心満たされた

 

子どもを甘やかせるのではなく

大人も一緒に成長している姿

 

 

一生懸命に盛り上げようと思って

真剣にしていても

コントにしかなっていない人もいます。

 

 

今回はタイトルのように+をするイベントとして

feat でHoop Junkies

 

全ては16年前に私に手渡された1枚のDVDから

詳しくはYouTubeにて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もっと別の楽しみ方がある。

 

そして13年ぶりに京都府久々知山でイベントを

もう一度

 

その熱い想いに心打たれて

 

いつまでも少年の心

 

きっとみんなに届いた

 

このインパクトのあるロゴも

色んな想いを込めて作った人が居てるはずなので

喜んでくれていますよ。

カッコイイDJブース

 

 


単にバスケが好きで

バスケをしていたら人の喜ぶ顔を

見ることが病みつきな

 

大人たちでまた集まりましょう

環境を発展させるために

 

 

来年は大きな挑戦をします。

 

小さなイベントは

どこまで成長するのか。

失敗しても楽しませるイベントには

間違いないので

次回もご参加お待ちしております☆

 

 

そして

雅さん

あなたの意志が受け継がれて

時代が変わっても積み重ねられています。

この財産を次の世代にも必ず

発展させてバトンタッチすることが

使命

 

 

 

実行委員のみんなにも感謝ですが

代表して、実行委員長・副実行委員長

良い経験させてもらったね。

来年も頑張ろう!!

 

 

最後に

終わってから参加者の方に

「もっとデフバスケをPRしてもいいと思う」

 

そう言っていただけました。

デフバスケがお返しをする側なのに

少しでも誰かの楽しみと成れているなら

大成功です。

 

 

 

温かいお声がけ嬉しかったです。

 

 

 

 

 

やるしかない

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です